京都・奈良の旅(建仁寺・三十三間堂編)

シェアする

こんにちは、鶴女です。

京都の旅、午後は建仁寺と三十三間堂に行きました。
午前中の仙洞御所と京都御所の記事はこちら。

京都・奈良の旅(仙洞御所編)
こんにちは、鶴女です。平日に休みを取って、京都・奈良の旅に行って来ました。お目当ては、奈良国立博物館の「快慶展」!!東京に来るかなあと調べてみましたが、残念...

京都・奈良の旅(京都御所編)
こんにちは、鶴女です。前回の続きです。仙洞御所に続き、京都御所見学です。京都御所は事前申込不要なので、受付すればそのまま入れますが、バッグの中身を見せます。...

建仁寺で雷神風神図を見る

建仁寺は1202年に開山した古刹で、祇園にほど近い距離にありながら境内はとにかく広いです。今回は雷神風神図と双竜図を中心に見てきました。(砂利道で足が疲れたのと、暑さでぐったりなので、あまり外にいたくなかったのです。( 一一))

さて、俵屋宗達の国宝「雷神風神図屏風」、ここに展示されているのはものすごく精巧なレプリカです。本物は京都国立博物館にあります。レプリカなので写真撮影もOK。皆さん、バシバシ写真を撮っていました(私もです)。キャノンが建仁寺に寄贈したものだそうです。さすが世界のキャノン、クオリティの高さが凄いです。


雷神と風神が左右に配置してあるだけのシンプルな構図ですが、なんという躍動感と奥行きでしょう。京都国立博物館の名品紹介によれば貼りつめられた金箔が描かれた物象の形を際立たせているのだとか。

重文の襖絵もキャノン製

奥に入っていくと襖絵がいくつかありました。
こちらは海北友松の「重文 花鳥図襖」

同じく海北友松の「重文 山水図襖」。もう数日前に来ていたら、京都国立博物館で海北友松の展覧会が見られたのですが、残念。

「重文 竹林七賢図」こちらも海北友松です。

以上、全部CANON製です。貴重な文化財が消失するのを防ぐため、京都文化協会と キヤノンが共同で取り組む社会貢献活活動だそうで、本物は博物館で管理し、その精巧なレプリカを本来の場所に置いて公開しているのだそうです。

そして、法堂の天井画「双龍図」(小泉淳作 画)。こちらは本物です。

小泉画伯が2年をかけて制作した天井画は躍動感あふれ迫力満点で、見学者はみんな「フワ~」という感じで魅入っていました。この天井画のメイキング動画もありましたよ。今のところ、期限無しで公開されているようです。

庭園がまぶしい・・・

渡り廊下を歩きながらあちこち観てまわりました。(外には出たくないので。。。)

こちらは方丈から見た庭園「大雄苑」。枯山水の美しい庭ですが、日差しが強いせいか、庭の白石が光を反射して眩しくて仕方なかったです。こういうお庭は、早朝ゆっくり眺めたいですね。眩しさにギブアップして早々に他へ移動。

こちらのお庭も眩しい。。。

こちらは「〇△□乃庭」というちょっと変わったネーミングのお庭です。宇宙の根源的な形態を示し、禅宗の四大思想(地水火風)を地(□)・水(〇)・火(△)で表したものだとか。一見、何だかわからないデザインには禅の哲学が込められています。

おまけ

建物と建物のすきまのような場所で見つけたカエルの置物。

三十三間堂で阿修羅像を見る

建仁寺でちょっと一息ついたところで、三十三間堂へ移動しました。(本当はそのお向かいにある京都国立博物館を廻りたかったのですが、名品ギャラリーは6/11まで休館。)

三十三間堂にも阿修羅像があります。中は写真撮影禁止なので買った絵葉書の画像です。

三十三間堂が1249年に焼失した後、運慶の子である湛慶(たんけい)が主導して仏像達を再建したとのことですが、厚みのある身体や、引き締まった胴、衣装のヒダの深さなど、全体的にボリュームのある造りが鎌倉時代の仏像の特徴ですね。

萩尾望都サマが描く阿修羅(ご存じない方は名作『百億の昼と千億の夜』をぜひお読み下さい!)は、外見は興福寺の阿修羅像ですが、内面はこちらの阿修羅像ですね。

この日は京都に泊まり、明日は奈良でいよいよ快慶展を見ます。

<続く>

◆京都で泊まったのはこのビジネスホテルです。京都駅から徒歩5分ちょっと、すぐお隣がイオンモール(というか、イオンモールの一角にあるという感じ)で便利でした。



ランキングに参加しています
♪いつも応援していただいて誠にありがとうございます♪
 にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
 にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする