2017年秋スクーリングの結果

シェアする

スポンサーリンク

スポンサーリンク


先週、秋期スクーリングの成績が掲示されました。私が受講した3教科はそれぞれ

「西洋史概説」 A+
「東洋史概説」 A
「西洋美術史」 B

という結果でした。

努力と結果は必ずしも一致しない

ほどほどにでも長く生きていれば、努力が必ずしも報われるとは限らないのは基本中の基本だということは分かっているのです。が、それでも『東洋史概説と西洋美術史の成績は逆じゃないの?』 と思わず二度見してしまいました。

どちらの教科も前もって準備するリポート型試験でしたが、ぎりぎりまで書けなくて、結局消化不良のような内容になってしまった気がする東洋史概説。史料集めから楽しんで、書きたいことが多すぎて、ずいぶんと内容をそぎ落とした西洋美術史。う~ん、そぎ落とさずに書いたほうが良かったのだろうか・・・? 結果が出てしまってからうだうだ言っていても仕方ないですね。でもついうだうだ。。。

西洋史概説はランダムに行われた小テストの点数の合計が成績評価でしたが、先生が想定した内容は書けたようです。良かった良かった。

これからやりたいこと

西洋史概説は、これでスクーリング単位を含めた6単位が完成してしまったのですが(4単位は入学時認定済)、個人的にはもっと勉強したい! 放送大学の科目履修生とかどうだろうかと検討していますが、いろいろ手を広げすぎだろうかと悩んでもいます。でも秋のほうがスクーリング満載でもっと時間が無くなりそうだから、勉強するなら今だ! という心の声が。さてさてどうしよう。

現在通っている日比谷図書館の「古文書塾てらこや」は、仕事の所属部署が別ビルに移転するため、日比谷公園が遠くなって会社帰りに通えなくなり、春からの講座はあきらめることに。でも続けないとすぐ忘れるので、通信講座なども考えています。細く長く・・・です。

それでは!

時間に追われるより追うほうになりたい!? 同じ著者の「読んだら忘れない読書術」が面白かったので、これも読んでみようと思っています。役に立つといいけど。

ランキングに参加しています!

 にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
 にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

♪いつもポチっと押して応援していただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告