2018年度スクーリング計画

シェアする

2018年のスクーリングの一覧が掲載されました。
まだ見ていない方はこちらからどうぞ!

今後若干の変更はあるかもしれませんが、とりあえず年間スケジュールを立てることにしました。

悩む2018年度のスクーリング

春スクは今のところ「史学演習(西洋)」を考えているけど、昨年のシラバスを見たら “外国語文献の和訳文を作成し、それに基づき参加者から質疑を受ける。” という授業の進め方。予習は必須としても、そもそも外国語(英語だと思いたい)の和訳文は苦手なのでついていけるかな・・・。加納先生は厳しそうだし。ただ、史学演習は時間が許すかぎり、日本・西洋・東洋の3つとも履修したいので、チャレンジしてみるか?

夏クスは2群午後の「日本古文書学」。2016~2017年度でのスクーリング実績が無い科目なので、今回初かあるいは数年ぶりとかかもしれない。来年も開講するかどうかわからないし、出来るだけ今年受講したい。

秋スクは「日本近世史」と「歴史資料学(日本近代)」の予定だけど、月曜6限と火曜7限なんてちょっとあんまり。月曜か火曜のどちらかに統一されていれば週に1日行くだけで良かったのに。世の中そううまくはいかないものだ。
「東洋史概説」は、できるだけスクーリングで単位を取りたいので秋スク検討中。木曜7限なので残業があっても時間をあまり気にしなくていいのはありがたいけど、週3回の大学通いはきびしそうだな。要検討か。

冬スクはスケジュール的に無理なので考慮せず。

前期メディアスクは「基礎特講(民俗学)」で決まり。「社会学」は受講するなら来年度以降に検討。前期メディアスクから「日本文芸研究特講・中世(平家物語)」が無くなってしまった!

【勉強の進捗】2018年1月 卒論はいつから着手するべき?
法政通信2月号が届きました。先にホームページにPDFが上がっていたので、内容は見ちゃったけど、今月号は前期メディアスクのスケジュールが載っています。早く他のスク...

と嘆いていたら、後期メディアに移動していた!
それから「日本史概説」がメディアスク(後期)に初登場。史学科では3つの概説(日本・西洋・東洋)はスクーリング必須なのだから、もっと早くメディアスクに登場してもよかったくらいだ。西洋史概説・日本史概説のメディアスクが出たので、来年あたり東洋史概説もメディアスクに出るだろうか?

メディアスクで「日本史概説」を受講してみたくなったので、後期メディアは「日本史概説」と「総合特講(グローバル現代史)」を予定。「日本文芸研究特講・中世(平家物語)」は来年度ということで。

地方スクーリングに行ってみたい

在学中に1度くらいは地方スクに行ってみたいと思ってるのだけれど、2018年度は大阪と仙台の日程はすでに予定があるので無理になってしまった。札幌・名古屋・福岡のどれかのスクーリングを検討してみよう。ただ総合特講が主体なので、シラバスを見るまで内容が分からないのがネックだけど。

それから、札幌スクの日程が10/6~10/8になっているけれど、真ん中の10/7は単位修得試験の日では!? 試験とスクーリングの日程をブッキングさせるのって、ちょっとどうかと思う。

さて2018年度も盛沢山だけど、計画倒れにならないように気を引き締めて行こう!

それでは!

日大通信に入学した頃買いました(相当昔だ~)。いまでも色あせない内容が凄いです。すでに古典の領域!? 機会があったらいちど読んでみることをおススメします。薄い本なのですぐ読めます。



ランキングに参加しています
♪いつも応援していただいて誠にありがとうございます♪
 にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
 にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする