【勉強の進捗】2017年7月は・・・ちょっとため息

シェアする

スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちは、鶴女です。

法政通教の定例進捗です。7月は3教科のスクーリング試験がありました。

試験対策だけで手いっぱいだった7月

通学のスクーリングで「日本史概説」「日本美術史」、メディアスクーリングで「日本芸能史」を取りましたが、3教科分の試験が押し寄せてきてあっぷあっぷな月でした。

◆「日本史概説」スクーリング最終日に試験(記述問題)
◆「日本美術史」スクーリング最終日に試験(リポート問題は事前に出題されるので、試験までに作成する(1000字程度)。そのほかにもう一つ設問あり)
◆「日本芸能史」リポート試験(800字程度)

もっとも、日本美術史や日本芸能史は6月後半には課題がわかっていたし、日本史概説はどういう試験を行うかを、スクーリングの最初で説明されていたので、ひとえに私の進捗管理が甘かったということでしょう(-_-;)

それでも、リポート2つを書き上げたし、「日本美術史」のもうひとつの設問も通勤時間を使って暗記しました。

結果はともかく、やるだけのことはやったという達成感もあるしでよしとしましょう。

こんにちは、鶴女です。春スクーリングの日本美術史の試験が終わりました。先生の都合で1週間早く試験が行われたのですが、試験そのものというよりも、準備がとっても疲れました。 事前にリポートを書く日本美術史はスクーリング内試験ですが、試験内容は「1.授業で紹介した仏像や絵画の写真と見てその作品名・所蔵者・年代を書く」「2.与えられた課題について1000字程度のリポートを事前に作成して、それを答案に書く」というものです。今回のリポート課題は鎌倉時代の美術の動向についてでした。仏像か絵画のどちらかを選...
こんにちは、鶴女です。メディアスクの日本芸能史のリポート試験を提出しました。結局大学図書館まで出向くのはやめて、2日間家で書き上げました。このリポートも日本美術史同様、ぎりぎりまで手を入れそう。メディアスクのリポート試験は、提出期限までなら何度でも出し直し可能です。今日は疲れ果てたので、ゆっくりしようと思います。明日から日本史概説に本腰をいれなければ・・・。それでは!

日本史概説のリベンジ

本日より夏期スクーリング2群が始まりました。予定通り午後の日本史概説を受講しています。短期決戦なので、春スクーリングよりも気合をいれてます。

結局試験が受けられなかった春スクのリベンジできるか!?

こんにちは、鶴女です。春スクーリングが終わりました。日本史概説まさかの棄権月曜日からだるさは感じていたのです。木曜日夜に熱が37度あったので、試験準備もほどほどにさっさと寝ました。翌日の目覚めは・・・すっきりとはとてもいえなかったけど、それでも会社を休むほどではないので普通に出社。しかし、夕方近くになってくるとだるくて頭が重い・・・。立つと目が回るような感じ。これは試験無理!と判断して定時ですぐ帰宅しました。ウチに帰ってそのままパタンと寝てしまい、2時間ぐらいたったところで起きたら、とりあえず...

この一週間、がんばるのみ!

それでは!

著者は慶応通教を経て東大大学院卒業後、東大教授になったという異色の経歴の持ち主
通教での勉強に悩んだ時などおススメ。

ランキングに参加しています!

 にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
 にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

♪いつもポチっと押して応援していただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告