【はとバスツアー】まりこふんと行く! 群馬5つの古墳を駆け巡り!(その2)

シェアする

スポンサーリンク

スポンサーリンク


はとバスツアー「古墳大好き♪ まりこふんと行く! はじめての古墳~群馬5つの古墳を駆け巡り!」の後半です。

前半の記事はこちらをどうぞ!

はとバスツアー「古墳大好き♪ まりこふんと行く! はじめての古墳~群馬5つの古墳を駆け巡り!」に参加しました。バスの中では、古墳シンガー・まりこふんさんのライブ...

綿貫観音山古墳

次に向かうのは綿貫観音山古墳。群馬県立博物館からバスで移動します。バスの中で、博物館の学芸員さんに引き続き古墳の話を伺いました。

「史跡観音山古墳」に着きました。下の写真は後円部を横から見たところ。階段の先に石室への入口があります。

こちらが石室の入口。普段は鍵がかけられています。

入口はせまいですが、玄室の内部は広々としています。この大きさは群馬県内一だとか。

見事に隙間なく積まれた石。使われているのは角閃石安山岩で、非常に高度な技術で加工しています。

この石室からは博物館で見たような見事な副葬品が500点以上見つかっています。そんな貴重なものがなぜ盗掘を免れたかというと、今は修復されていますが、実は玄室の奥に向かって右上が崩落していたのです。貴重な遺物を見つけることができた、当時の研究者達の狂喜乱舞が目に浮かぶようです。(^^)

石室から外にでて、後円部に登ります。墳頂からみた前方部。遠くに見えるのは榛名山です。

そして前方部からみた後円部。その先は住宅街ですが、実はこの周りにはいたるところに中小の古墳があるのです。その数ざっと100個以上とか。さながら古墳銀座ですね。

綿貫観音山古墳を北側上空から見た画像。(群馬県のサイトからお借りしました)

七輿山古墳

次に訪れたのは「七輿山古墳」。古墳のすぐ近くにある昭和レトロな自販機のあるドライブイン七輿はテレビでも紹介されたことのある人気スポットだとか。ここでバスを降りて、すぐ裏手にある七輿山古墳へと行きます。
 

七輿山古墳は6世紀前半(古墳時代後期)の築造された前方後円墳で、大きさは全長145m・高さ16mと、6世紀代の古墳では東関東最大級です。埋葬施設は未確認ですが、2018年2~3月の地中レーダー探査では横穴式石室が確認され、全長も150m超であることが分かりました。

藤岡の国指定史跡「七輿山古墳」 横穴式石室を確認

白石古墳群のひとつで、県内一美しい古墳と言われています。

早速墳頂に登りましたが、これがなかなかに急こう配。途中には五百羅漢がありますが、明治の廃仏毀釈で首が破壊されて無残な姿をさらしていました・・・。
 

墳頂では地元のボランティアガイドさんからの説明もありました。こちらは墳頂から前方部を眺めたところ。

後方部から前円部分を見たところ。桜の木が多そうだったので、春にも来てみたいです。

古墳の周りの二重の堀跡。前方部には三重目の溝も確認されています。

伊勢塚古墳

群馬古墳ツアーの最期は「伊勢塚古墳」です。こちらの古墳の最大の特徴は「模様積み石室」といわれる大小の石を組み合わせた独特の模様を持つ石室です。
 

6世紀後半に造られた伊勢塚古墳は、直径27mの円墳(または不正八角形墳)です。石室は常時開きっぱなしなので、だれでも中を見学できます。

入口はかなり狭いでの入る時は頭をぶつけないように注意!

これが模様積み石室です。大き目の丸石と棒状の石を組み合わせて作ったもので、当時の人たちのセンスが感じられます。この積み方はこの周辺にしか見られないものです。

横から見た古墳の形。こんもりした山といった感じ。

古墳巡りの旅はここまで。ワンダ墳!! な旅でした(=^・^=)

帰りの車内では、再びまりこふんさんのライブと、他に豪華景品の当たるじゃんけん大会もあったりして、渋滞もなんのそので盛り上がりました。画像は熱唱するまりこふんさん。

はとバスツアーに参加した感想

今回のツアーは、一人、友人同士、グループ、家族といろんな人が参加していました。男女比は4:6くらいで女性が少し多かったでしょうか。お昼もグループと一人参加が同じテーブルにならないように配慮してくれました。一人参加の女性の場合は予約時に希望すれば、隣が必ず女性になるように席を配置してくれます。

「まりこふんと行く古墳ツアー」は今年で5年目だそうで、ご本人もこんなに続くと思わなかったと言ってました。結構リピーターも多いです。古墳初心者も、効率よく古墳を巡りたい人にもおすすめのツアーですよ。来年はどこになるかまだわかりませんが(栃木の古墳というウワサもあり?)、日程が合えばぜひまた参加したいです。

今回乗った、はとバスと車内の様子。
 

それでは!

現地までの丁寧な道案内がうれしい、まりこふんの古墳ガイドブック。身近にある古墳を探して見に行きましょう!

ランキングに参加しています!

 にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
 にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

♪いつもポチっと押して応援していただき、ありがとうございます♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告